イタリア語で美しい木を表す『アルベロベッロ』

 1日かけてコスタデリチョーザは最初の訪問地、イタリアの港都市バーリに到着しました。イタリア本土を人間の足に例えるとちょうどアキレス腱辺りに位置します。

 バスで片道75分をかけて世界遺産の街アルベロベッロへ向かいます。窓からはのどかな田園地帯が広がり、雄大な緑の中に放たれている牛や馬、そして所々に散らばって建っている『トゥルッリ』が見える度に「わ~~~~!!!」と胸が高鳴ります。そしていよいよ『トゥルッリ』の集合地帯『モンティ地帯』が目の前に広がってきました。なんだか現実感がありません。可愛いドアから出てくるのは、人間ではなくて小人とか妖精とかが住人で無いとしっくりきません。360度、まるでおとぎの国の中に迷い込んだような気分に浸ります。眩しいほどの白と、小ぶりな尖がり屋根に石畳、どこを切り取っても絵になります。
f:id:cohanbiyori:20170716183423j:plain

 『トゥルッリ』は土台・骨組みも無く、石灰岩を切った石をモルタルの使用無しに積み上げられて造られたものだそうです。地震大国日本では考えられませんね。特徴的な尖がり屋根は、全て小さな石を積み上げて漆喰で固めたものだとのことです。
 私の大好きな番組、『世界の日本人妻は見た!』で取り上げられていた『YOKO’S SHOP』を訪問しました。照りつける太陽とは打って変わって、冷房も無いのにひんやりとしたお家の中は気持ちよい空気が流れています。環境に配慮した、乾燥したこの土地に適したエコで可愛い『トゥルッリ』に感動します。また、ヨーコさんのお店からテラスに登らせてもらい、そこからの景色は圧巻です。

f:id:cohanbiyori:20170716183402j:plain



f:id:cohanbiyori:20170716183455j:plain